空想携帯小説家ht2355(20120708)'s blog

空想携帯小説家(山本 繁一)の作品を公開しています。

日テレドラマ❎空想携帯小説家「恋のバカンス~it's a Heartful comedy?」

原作原案 ・
明石家さんま主演ドラマ「恋のバカンス」より。

(現在、不定期で、加筆減筆中。)

前編

雲の上を、
誰かに追われながら、
なぜかスローモーションで走る、

勘九郎明石家さんま)。

勘九郎
「ちょ、ちょっと待てってぇっ‼ ・・・・」

勘九郎の後を、
出刃包丁を振りかざしながら、

金切り声を上げる、喪服姿の女性。


閻魔大王大竹しのぶ
「待ちなさいよぉ!、あんたは、いい加減こっちに来んのっ‼」

走りながらも、振り向きながら、反論する勘九郎

勘九郎
「な、なんでや‼」

閻魔大王
「女泣かせは、地獄行きだと、そーばは、決まってんだ❗」

行きなり立ち止まり、メモを取るふりしながら、惚ける勘九郎

勘九郎
「えーと、九十年代の日本の相場は(笑)・・・」

閻魔大王
「ふざけんなっ‼」

降り下ろされる出刃包丁

勘九郎・叫び声のアドリブ)

・・・・・・・・・・・・・・・・・・・
(目覚まし音がだんだん高鳴る)

がばっと、ベットから起きる萌琉

汗をかき、息苦しそうだ。


黛萌琉(浜辺美波
「また、見ちゃった。・・・出っ歯・・・。」


(オープニングイメージソング「everything(it's you)/ Mr.Children」)

中村家実家

朝食の支度の慌ただしさにも関わらず、声をかける晶(鈴木杏樹

黛(旧姓・中村)晶
「萌琉ぅ、早くしなさい!またクビになるわよッ‼」

2階の自室から、階段を、リクルートスーツで走り降りる萌琉

晶の姉、萌琉のおばにあたる中村珠緒( 高島礼子
「萌琉ちゃんは、いっつも元気ねぇ~おばちゃんも見習わなくちゃ(笑)」


トーストをくわえ、台所に置きっぱなしの、バックの中身をチェックする萌琉。


「萌琉、じいちゃんに挨拶は?」

(萌琉・口にくわえたまま返事。)

仏前に座り、食い掛けのトーストを供え、鈴を軽快に、3回鳴らして、合掌する萌琉だったが・・・。

萌琉「顎じぃ、行ってくんね❤」

仏前の写真(中村金次郎 - 斉藤洋介)が、イヤーな顔に変わる。

仏前に供える膳を持ってきた晶が、玄関に向かって走る、萌琉を叱りつける

晶「萌琉っ‼仏前に食い掛けは、ママはいっつも、置くなって行ってるでしょっ!」

萌琉は、返事も振り向きもせず、引き戸を開けたまま、飛び出していく。

萌琉「行ってきまーす(笑)」

食い掛けのトーストを、下げ、思わずぼやく晶。


「とうさんゴメン。・・・・(見つめる遺影が微笑む)

あんのバカ娘ぇ~っ‼・・・勘九郎(あいつ)に似すぎっ‼・・・

マジほんっと、
大きくなるにつれ、頭に来ちゃう。」

中村珠緒( 高島礼子
「でも、晶だって、高校の時は、あんなもんよ?(笑)」

あたまいたいーってジェスチャーしながら、反論する晶。

晶「おねいちゃん、私そこまで、だれてないはずよ!・・・勘九郎に出会う前は❗」

中村珠緒
「あーはいはいっ(笑)」

渋谷駅

女子トイレの中で着替える、萌琉。

萌琉
「バイトに遅れちゃう‼」

紙袋にリクルートスーツを突っ込み、

コインロッカーにぶちこみ、


喫煙スペース近くで、誰かを待つ萌琉。


物陰から、
萌琉を見つめる勘九郎

勘九郎
「ああっ、何しとんねんうちの娘は❗・・・・」

④「tokyo-crisis ~AIに選ばれた二人~」

④ resistance

リーダー格の男性
「ようこそ、ヤタガラスへ。」

堀部安兵衛
「ヤタ、ガラス・・・・?」

右目の存在である、
bishopと名乗る女性が呟く。

bishop
「ここは、現日本政府と異なる、internet ゛AQUARIUS ゛を形成した、独立国家・・・でしょ?(笑)」

リーダー格の男性
「まぁだ、国家とはいえないけどな(笑)・・・しかし君も、あん時、よく(電算化して)USBに入るって言ったね?」

bishop「今は、本性を隠してでも、復讐を成し遂げたいの。」

堀部「え?、おまえ(bishopの事)・・・・誰かうらんでんのか?」

一瞬、場の空気が止まったが・・・

リーダー格の男性「えっと、君か?・・・衣笠君の掘り出し物ってやつは(笑)」

堀部の体の四割が、
鋼鉄性なのを良いことに、

一組終えた、
力士を励ますように、
パシパシ叩きまくる、男性。

堀部安兵衛「あ、あの・・・・(衣笠の?掘り出し物?)」

浅沼(image三浦友和
「君、やってくれそうじゃないかぁ~っ?(笑)」

リーダー格の浅沼は、思わず、裏拳で、堀部の溝内を殴ってしまう。

堀部「ほ゛ッ!・・・(俺よりつぇ~っ)」

bishop「浅沼さん、まだおっさんの上半身は・・・って遅かったか(笑)」

堀部がbishopを怒鳴るが、resistanceの人々には、完全に一人芝居か、精神を病んだように見えた。

堀部
「(bishopの事)てんめ、ひとの不幸をわらってんと、おめぇも不幸になるぞ‼」

腹部を押さえ、踞る堀部の体を使い、突然どじょうすくいを始めるbishop。

bishop
「もいっかい、ゆーときますけど、貴方のからだの6割は、私の支配下(もの)なのっ‼(笑)」

3倍速で、どじょうすくいを踊る堀部。

堀部「わっ・・・・わかった・・・・降参っ‼降参だぁ~っ」

その場で大の字で倒れる堀部に、拍手喝采が巻き起こる。

浅沼
アドホックマッチングシステムは、完全復活だな?(笑)」

一同に笑いが起こる。


(場面変わって、大規模AIの本拠地、国会議事堂内 " grandmother " )

複数台の、テレビモニターや、電磁波レーダー等、bishop達の後追ったが、一瞬で、見落としてしまう。

謎の学者・Q太郎(fromハイキングウォーキング
「ヒッ‼・・・卑弥呼さまぁ~っ‼」

複数のテレビモニターが、一気に、一人の少女を写し出す。

卑弥呼(grandmotherのコアコンピューター:image永野 芽郁)

少女は


西洋の木目の椅子に腰掛けたまま、

③土屋太鳳 ×空想携帯小説家「tokyo-crisis ~AIに選ばれた二人~」

③ 二つの世界

繰り返す爆発音、

そして、
巡航ミサイルが、

次々頭上をよぎるなか、
全力疾走の堀部安兵衛

bishop「もう少しよ。」

息を切らす堀部安兵衛

堀部安兵衛「おっ、おかしい・・・さっきまで、鉛のような身体が、生身の体のように、動けるのに、いっ・・・息苦しい・・・・」

bishop「とーぜんでしょ?。半人半機の6割は、生身の人体だから(笑)。」

堀部安兵衛「ところで、今握ってるのは何の・・・?」

堀部安兵衛の目の前に、漆黒
のスポーツカーが現れた。

bishop「はぁい、ジェフ」

堀部「は?(゚д゚)・・・おまえ今、車に話し掛けた?(笑)」

漆黒のスポーツカー(ジェフ:imageムロツヨシ
「アナガチ、間違ッテマセンヨ。(笑)・・・ムシロ、人間ノ顔ダケ出タ、現代版西洋鎧ヲ着テ、子供ノヨウニ、独り言二見エル貴方ノホウガ、世間的二滑稽カモ、知レマセン。(笑)」

スポーツカーに乗り込む、堀部安兵衛

ジェフ
「ソレデハ、左顎・・・・リンパ腺アタリニアル、ケーブルヲ、ワタシニ、コネクト(接続)シテクダサイ。」

堀部と同一した、bishopが、ケーブルを、スポーツカーのメーター部分に繋げた。


堀部安兵衛「なぁ、お前も、俺の身体(なか)にいる女(やつ)と仲間か?」

破壊される都会の町並みを、フルスロットで走り抜ける、漆黒のスポーツカー、フェアレディ

ジェフ
「コネクト、アップロード終了・・・さて、改めて自己紹介しましょう。

私の体は、フェアレディZを、特殊チューンナップした車両でダブルゼータ。」

堀部安兵衛
「ま、前に戦車きてんじゃん‼」

堀部の右目が赤く光る。

bishop「運転だったら任せてよ(笑)」

右目のなかで、下からせりでたハンドルを操るbishop

そして、

堀部の緊張感を無視して、
話を続けるジェフ。

ジェフ「私の正式名称は、フェアレディzZ、メインマインドコンピューター、」

堀部「おっ、おいっ‼」

背後からも、砲撃を開始するgrandmother戦車隊。

堀部「やっ、やばいだろーがっ‼」

bishop「おっさん黙れ❗matchingが崩れる❗」


左右カッテングカーブを続けるも、2、三発の砲弾直撃をうけるが・・・

堀部「う、嘘だ・・・・」

ジェフ「私は、ミノフスキー粒子核酸させる事で、通常火薬の破壊度を、60%弱、下げられますが・・・・」

bishop「いっけぇぇ~っ‼」

堀部「おい、おまえっ‼何すんだ!」

bishopがアクセルを踏み込み、スピードメーターが、一気に三百を越えた瞬間・・・

bishop「アイツのおしりに、ぶっ込みまーすっ‼(笑)」

ジェフ「yes! bishop!」

後方のテールランプ部が、
持ち上がり、
車体に引っ込むと、

ジェットエンジンが四機せりだし、急速に熱が帯出す。

後輪が脹れだし、ヒップアップ常態になった。

堀部安兵衛「やーめーろぉー❗」


背を向けていた前方の、grandmotherの操る
、AI戦車の砲台がこちらを向いた瞬間、

フェアレディzZは、戦車の車体を、上下に突き斬った。

堀部は気絶しているが、bishopは、けろっとしてる。

bishop「んーっ、快感!(笑)」

ジェフ(フェアレディzZMmc)「おや、安兵衛さん動かないのに、大丈夫ですか?」

bishop「AdHocが一瞬、同期(リンク)したから、二人場降り見たいに、コントロールは出来るよ。だけど・・・・一時間が限度かな?・・・・おっさんの体力も、バッテリーもやばそうだし。」

ジェフ「bishop?・・・よかったら、バッテリーを分けましょうか?」

bishop「アンパンマンみたいなこと言わないでね?、笑っちゃうから(笑)」

ジェフ「私は、技術的フォローを目的に作られています。(アラート音)・・・あ、grandmotherのドローンが、数百機、私の回りに・・・・近付いてきていますね・・・・」

bishop「どんなやつ?」

右目のなかのbishopは、両手の人差し指を、上に向け、切り取るように、四角形を型どると、
タブレットを取り出して、スワイプするbishop。

ジェフ「捕獲用ネット付き・・・おや?カメラ付き?・・・」

思わず、おどけて見せるbishop

bishop「いやだぁ(笑)」

ジェフ「あの・・・いまの貴女は、コスプレのおっさんですよ。しかも、気絶してますし。」

bishop「わかってる。(ため息)」

話を続けるジェフ。

ジェフ「あの・・・問題は、スナイパータイプ・・・

しかも搭載してる弾倉は、劣化ウラン弾


bishop「劣化ウラン弾?」

ジェフ「近代化戦争の中でも、核廃棄物を使った比較的、低価格で破壊力のある。弾薬です。・・・・」

bishop「もし当たっちゃったら?」

ジェフ「ネオチタニウム合金は、持ちません。」

bishop「だったら殺っちゃお(笑)」

エンジンスタートして、ドアロックするジェフ。

ジェフ「今、あなたをここで、おろすわけには行きません。あなたには・・・・」

ジェフのフェアレディzZの爆音で目覚める、堀部安兵衛

堀部安兵衛「いっ・・・生きてたぁ・・・・」

ジェフ「すみません。数分後に、拡散したミノフスキー粒子を嗅ぎ付け、武装ドローン達との交戦の恐れがあります。」

右目のbishopが、スポーツカーAIの、ジェフに問い掛ける。

bishop「ジェフ?まける?」

ジェフ「一か八か・・・ですけど」

フェアレディzZの車底から、何か細かい粒子が流れている。

武装ドローンたちは、まるで猟犬のように、堀部達を探している。

橋の下に身を潜めていた、

フェアレディzZを見付ける、

スナイパー型、
武装ドローン。

その一機が放つ、
赤いレーザーポインターが、堀部安兵衛の、眉間を捕らえた。

堀部安兵衛「あっ・・・・」

フェアレディzZの後輪が、
急加速で回りだした。

ジェフ「こんな時になんですが、堀部さん・・・百メートルは、何秒で走りましたか?」

堀部「はちっ・・・8秒5う3・・・?」

武装ドローンが、引き金を引いた瞬間、

bishop「うそだねぇ~っ‼(笑)」

漆黒のスポーツカーが、
急加速を上げ、

一瞬で、目の前のドローンを粉々に弾き壊した。

一時間後、武装ドローン達をまいた堀部たちは、

新宿の地下駐車場に逃げ込んだ。


堀部
「こんなとこに、レジスタンスが居んのかよ?」

bishop
「ま、取り合えずグランマの追っ手をまいたんだから、ボヤかないボヤかない(笑)」

地下三階行きの、
専用地下エレベーターを降りると、

テレビ局のような、管制室みたいな部屋が、
目の前に広がった。

初老の男性
「ようこそ、ヤタガラスへ。」

(つづく)

②土屋太鳳 ×空想携帯小説家「tokyo-crisis ~AIに選ばれた二人~」

②inmorale


寝たきりの男(image・吉田鋼太郎)「おまえは・・・・誰だ?」

思わず舌打ちする、男の右目に映る女性。

女性(image・土屋太鳳)「ちょっとぉ~っ‼ 衣笠さん。また、missmatchingぢゃんっ‼」

頭をかく、衣笠と呼ばれる青年。

衣笠(image・神木隆之介)「あ、あれっ?・・・おかしいなぁ~っ(笑)」

女性「いい加減にしてっ!」

ちょっとふて腐れる衣笠。

衣笠「はいはい、わかりましたよー、いま(USB)抜きますからぁ~っ(笑)

(ため息)やれやれ・・・

中高年の転職じゃあるまいし、

少しは我慢してほしいよ、まったく・・・・」

女性「はいっ?何かポツリました?」

寝たきりの男の、首筋を触ろうとする衣笠。

寝たきりの男
「ちょっとまてっ‼」

衣笠「はい?」

寝たきりの男
「いま、俺に突っ込んだ、なんちゃらを取り外しちまうなら、俺は・・・・どうなる?」


衣笠
そだねー

元々お酒で衰弱しきった身体を、

放置するわけだから、・・・・

良くて二、三日後には、
オダブツだと思うよ。(笑)」

寝たきりの男は、あきれ返っている。

寝たきりの男
「だったら、助けてほしくなかったぜ・・・・」

呟く男にキレる女性。

右目に映る女性。
「ふざけないで・・・・」

寝たきりの男
「は?」

右目に映る女性
「ふざけないでってイッテんの‼・・・・

私だって、
好きでUSB(ここ)に居る訳じゃないし、

いま、この国で生きてる人達だって、大半ががまんしてるのにっ‼」

寝たきりの男
「は?・・・言ってることが、わかんねーんだけど、てゆうか、そもそも、あんた、人間ぢゃねーだろぉっ?」

衣笠「まーまーまーまー(笑)」

衣笠の宥めで、
浅くため息をつき、話を続ける女性。

男の右目に映る女性。
「私の名前は、bishop(司教)。ちょっと訳アリで、脳神経だけ、高度電算化されたホログラムよ。」


自分の名前を、思い出そうとする男。

寝たきりの男
「俺の、名は・・・・名は・・・・・・」

bishopと名乗る女性
「おっさん?、無理して思い出すこと無いよ。」

寝たきりの男
「どうゆう意味だ?」

bishop
「三日前の深夜、

あんたは、
新橋のSL広場前で、
ぶっ倒れてて、

あわゆく、
グランマの、
死体回収車に持ち帰りされそうだったのよ?。」

寝たきりの男
「新橋・・・グランマ・・・・死体回収車?・・・・話が見えない。」

bishop
「そりゃそうよ。泥酔酩酊だったんだから・・・あ、仮の名前なんだけど・・・・」

寝たきりの男
「俺は、本名が知りたい。・・・」

うつ向きながら、首を横に降るbishop。

bishop「ごめん。無理だわ・・・面が割れてるから・・・・」

bishopが、男の目の前で、指先で四角を型どると、字幕にモザイクがかかり、無音の、ニュース映像が流れだした。

寝たきりの男
「俺が、行方不明?!・・・てゆうか、なんで音消してんだよっ?」


一呼吸置いて、語り出すbishop。


bishop
「じゃあそれとも、
半人半機(バケモノ)の身体でぇ~っ?、

"とーちゃんは、
ほったら、いぎてっぞぉ~❤"って、言うの?」

ため息をつく男。

寝たきりの男
「俺には、家族はいない・・・いや、その記憶がないんだ。」

ちょっと気が引けたbishop

bishop
「あ、・・・・ごめん。・・・・そのぉ、なんてゆうか?、

私の悪い癖で、

気持ちが高ぶると、

がーって言っちゃう癖があって・・・・ごめん。」

寝たきりの男
「いいよ。終わった話さ・・・」

bishop
「あ、あのさっ、

取り合えず、
仮の名前なんだけど・・・・

堀部安兵衛って、どう?」

衣笠「いいねぇ(笑)」


寝たきりの男
「は?、あんたら、大人をバカにし過ぎだろ?」

再び、堀部安兵衛となずけられた、男の顔を覗き込む衣笠。

衣笠「なにぶん、初期設定中ですんで(笑)」

寝たきりの男
「で・・・・俺の体は、このままか?」

話しに入るbishop。

bishop
「私のものになって。」

寝たきりの男
「は?」

bishop「あなたの身体を、私に預けてくれたら、この体は、" 稼働 "する。」

堀部安兵衛
「俺の身体が、動く?・・・

お前に、頭を下げるだけで?

は?・・・

画像だけのねーちゃんに、
なんで、屈服しなきゃなんねーんだよ‼」

堀部安兵衛の右目に映るbishopは、目の前を左手のひらで、スワイプすると・・・・

堀部安兵衛
「なんだ・・・・?」

日本列島の、衛星写真が映るが・・・・

bishop
「今、この国の回りには、

国政を握る、
巨大人工知能

grand motherを
討伐するために、

アメリカや、
ロシアの武装艦隊が、
張り付いてるの。」

堀部安兵衛
「AIが、国政を回してるって?・・・・嘘だろ?」

bishop
「この国の心ある、

最後の政治家達は、

帰化人政治家を、
追い出すために、

多大なる犠牲を払ってしまったの。

そして、過半数以下になった、

国民を護るために、

巨大人工知能
grand motherの開発を急がせたの・・・・

突然、どどどと、地鳴りとともに警報が、霊安室にも流れる。

堀部安兵衛「な、なんだ?」

衣笠「巡航ミサイルだ❗」

がらがらと、天井材が降り注いできた。

そんななか、衣笠は、何かを探している。

堀部安兵衛
「衣笠❗脱出するぞ‼」

衣笠
「ちょっと待って、いっ・・・・」

頭上の、爆発の直撃を受け、
巨大な医療機械の下敷きになり、絶命する衣笠。

その手には、遠隔操作機能付きの、車のキーが握られていた。

そのキーを取るbishop。

堀部「き、衣笠ぁっ‼」


bishop「おっさん、走るよ‼」

堀部「ひっ・・・人がっ・・・目の前で、死んでんだぞっ‼」

キーに付くスイッチを押すと、

遠くから、エンジンの爆音が鳴り響く。

bishop「私達には、果たさなきゃ行けない事があるの・・・・」

堀部「おまえ・・・・ほんとに人間だったのか?」

(つづく)

①土屋太鳳 ×空想携帯小説家「tokyo-crisis ~AIに選ばれた二人~」

※この作品は、一個人の妄想(フィクション)です。(5話予定)


(本編)
①300番目の男


西暦2×××年

政府機能が、
高度高齢化時代を理由に、

グランドマザーと呼ばれる、

大規模電脳知能に、
支配移行された・・・。

元々は、

本格的に、
日本国内に居住を始めた、
外国人勢力、

または、
犯罪者からの
保護を目的に開発された、

携帯電話を使った、
共有情報円滑システム(Shared information system:略称SIMS)だった・・・・・。

(救急車内)

心臓マッサージをしながら、男の様子を見る、救急隊員。

救急隊員①
「この検体、まだ使えるぞ。」

救急車を運転する隊員は、付きまとう、数10機のドローン達を撒こうと必死だ。

救急隊員②
「しつっけぇなぁっ‼コイツら‼」

苛立つ仲間を宥める男。

救急隊員①
「シッ‼・・・・行き先まで思考盗聴されるぞ。」

付きまとう

ドローン達を振りほどくように、

激しい蛇行運転する救急車


救急隊員②
「わかってるっ‼・・・・ね、練馬のっ‼・・・・衣笠病院でっ・・・・いいんだな?・・・わあっ❗」

十字路から突然、
大音量の、
クラクションを鳴らしながら

、左カーブで曲がって出てきた

無人ダンプカーが、
アップライトで迫る・・・・・・・



数時間後、
薄暗い地下室のベットで、
静かに目覚める男。

男(image・吉田鋼太郎
「(ここは、・・・・何処だ?)」

男は、
身体を捩らせようとするが、鉛のように動けない。

男「な、なんだ?・・・・なんで・・・動かない?・・・・」

男が目覚めると、キャンプ用の長椅子で、

仰向きで、寝っ転がりながら、赤川次郎携帯小説を読んでいた青年が起き上がる。

男「誰か・・・・居るのか?」

蚊の泣くような声で、問い掛けた男に、

コツコツと革靴の音を、静か目に鳴らしながら、男に近づき、

その顔を除き込むように、優しく微笑む青年。


青年(image・神木隆之介
「よーこそっ‼我が霊安室(ラボ)へ(笑)・・・」

ヘラぎみで語りかける青年に腹をたてる男。

男「なにが・・・・おかしい?」

顔を赤らめる男を宥める青年。

青年「やだなぁ~、命の恩人に噛みつくなんて、韓国朝鮮人?それとも、中国人かな?」

男「俺は・・・日本人だ。」

からかうように微笑む青年。

青年「やだなぁ~、ジョーダンだよ。(笑)」

見せ付けるように、男の右腕を、持ち上げてみせた。

男「なっ‼・・・・
なんなんだ・・・・
その腕は・・・・

おっ、俺の身体?
・・・・うっ、嘘だろ?

・・・・俺の

・・・・俺の身体が・・・・、

こんな、・・・・・

こんな気持ち悪い、
ケーブルまみれな、


鉄屑なわけねーだろぉっ‼・・・・

かっ❗返せよっ!

かえせっ‼
俺の身体を!」

青年は、あわてふためき、何かベットの周りを探しだした。

青年「不味い不味い不味い(笑)・・・このまま興奮しちゃったら、実験が失敗しちゃう。」

男「実験?!実験だとぉっ‼・・・・てめぇっ‼人間(の身体)をなんだと思ってんだ‼」

ベットの下から
USBメモリースティックを
拾う青年。

青年「あったぁ~(笑)」

男「クソガキ‼話し聴いてんのか?!」

興奮する
男の左首筋を撫でると、

USBを受けるように、
小さめの引き出しが、せり出てきた。

その瞬間、寝たきりの男の動きが止まった。

青年「ふぅ、やれやれ(笑)・・・300番目の男は、以外と使えるな?」

寝たきりの男の、
首筋からせり出た引き出しに、
USBメモリースティックを
寝かすように差し込み、
男に押し込んだ。

男の脳裏に、落下するような戦慄が走る。

まるで、穴の空いた記憶に、真新しい記憶が注がれていくような感覚だった。

数分後、男が目覚めると、右目に映る、少し髪が長めの女性が微笑む。

女性(image・土屋太鳳)
「ようこそ。AdHoc・matching・systemへ。(笑)」

男「おまえ・・・・誰だ?」

(つづく)