空想携帯小説家(20120708)'s blog9875321

空想携帯小説家(山本 繁一)の作品を公開しています。

tokyo-angle③ アイドル×天使の物語

3話

翌朝、都心のビルに日が上ると、天使ノキセアも目覚めた。

天使ノキセア(imageディーンフジオカ)
「(あの鏡・・・本当に、綾の部屋にはじめからあったものだったのか?・・・)」

そんな疑問を抱えたまま、天使が町並みを見下ろすと、

うつろな表情を浮かべた、上杉綾が、マネージャーの車に乗り込む・・・。

後を追うノキセアの手を誰かが掴む。

天使メル(image松井玲奈)「ちょーい、待った‼(笑)」

ノキセア
「あ。( ̄▽ ̄;)・・・」

メルは何やら、
請求書をパラパラと、
ノキセアの目の前をちらつかせている。

メル
「あ。・・・じゃなくて、ノキセア君。せーきゅーしょ。たまってますよーん。(笑)」

ノキセア
「それは、隠居された藤村氏にも、承諾を受けて、待っていただいています。」

メル
「そーれーわー、去年の話しっショ?(。・´_`・。)ノキセアく~ん、天上界も、人間たちの心が離れて、ど偉い不況だから、物入りは知ってるよねぇ?」

ノキセア「はい、天使長(センター)。」

メル「もっと、実になる仕事をしましょうよ!」

差し出された、手のひらの意味を察したノキセア
は、長財布から魔価を探している。

ノキセア「センター、実は人間界の休日に、
見たいコンサートがありまして・・・」

メル「ふーん、いいんじゃない?欲化しない程度なら。(笑)」

メルは、ケータイでブログをアップしている。

メル「で、だれっ?( ・◇・)?」

ノキセア「上杉・・・綾。」

メル「え?」

ノキセア「上杉綾です。」

メル「うぅわ、趣味悪っ‼(笑)」

ノキセア「綾は、心に傷をおった、天使(われわれ)が救うべき人間です。」

メル
「救う?( ・◇・)何処に?・・・神の居ない天上界へ、彼女を連れてきて、天使にするの?・・・」

ノキセア「それは...」

地上から綾の叫び声が聞こえた。

ノキセア「綾!」

人混みが増す地上に、舞い降りた、2体の天使。

大通りでトラックと正面衝突した、綾を乗せたワゴン車が、大破している。

ノキセア「綾!・・・綾っ!」

上杉綾「ノキセア・・・」

運転していたマネージャーの様子を見たメルだが・・・

メル「運転してた人は・・・ダメみたい・・・」

綾は大破した車の何処かに挟まっている。

車内を見渡すと、灰皿越しに何かを炊いた後があった。

ノキセア「綾!・・・なんでまたっ‼」

(つづく)