空想携帯小説家(20120708)'s blog9875321

空想携帯小説家(山本 繁一)の作品を公開しています。

⑦second Love Letter ~片腕のない天使~ 長濱ねる(欅坂46)✖空想携帯小説家 イメージ小説

わたしの帰る場所


ネルは、腰を抜かし動けなくなった雄一をはぐして、もう一度叫ぶ。

天使ネル(image長濱ねるfromけやき坂46)「雄一の夢(みらい)は、私が護るっ‼」

悪魔・アスタロト(声image竹中直人)「永遠の都、アバロンの為に、人間側につく者は・・・死刑 (けす)‼」

覚悟を決めたのか、静かに微笑むネル。

ネル「元々、天使(私)が素粒子の1種なら・・・もう、何も怖くない。」

ネルの機械化義手の再生が始まった。それはまるで、砂時計を返すような、静かな勢いで・・・

姿なき大天使
クロノス・インフィディア(声image中尾彬)「ネル・・・馬鹿げたことは、言わないでおくれ・・・天使として命(さだめ)を授けた、私の思いを無駄にする気か?」

両手から、十手のような長剣がせりだした、アスタロト

アスタロト「親のこころ、子知らず・・・・かっ‼(笑)」

ネルの首を目掛け、2本の長剣を、Vの字で降り下ろしかけた瞬間、どこかで声がする。

大天使サーべ(image澤部佑fromハライチ)「ネルぅ~‼」

ネル「サーべ!何でここに⁉」

アスタロトを、背後から羽交い締めにするサーべ

アスタロト「魔族との同盟を・・・破る気かっ!・・・貴様っ!」

クロノスインフィディアの複数の羅針盤が、加速しながらまわりだす。

サーべ「友達のピンチに、たどり着けなきゃ・・・意味ないじゃんっ!(笑)」

数分後、アスタロトの身体中の関節から、変な軋み音が響く

アスタロト「・・・・」

ネル「なっ!・・・何をしてる・・・の?」

サーべ「へへっ。(笑)」

急速に石化して、その場で砕け散るアスタロト

ネル「う、うそだぁ?・・・(いつの間に、そんな力を・・・)」

サーべ「どしたぁ?(笑)・・・さぁ、帰ろう。」

優しく手をさしだす、大天使サーべ。

雄一から離れないネル。

ネル「私は、いやです。」

急に無表情になるサーべ。

サーべ「そんなに、人間の男が好きか?・・・」

迎えに来た大天使を無視して、

いつの間にか気を失っていた雄一を背負い、地上へ抜けると、

国会議事堂前には、警察官たちが徒党を組んで、行く手を遮っている。

ふと見上げれば、上空をみれば、白銀の鎧を来た天使たちが複数、ネルを見つめている。

ネル「これじゃぁ、四年前と同じ・・・・」

ネルの機械化義手が、何かをガイダンスする。

左手機械化義手(声image豊田順子from日本テレビ)「義手蘇生、完了。・・・イデオガン ゙使用可能。」

警察官たちが何かを叫んでいる。

ネル「イデオ・ガン?」

雄一を静かに、その場に降ろし、義手の左手の平を見ると、銃口が見える。

左手機械化義手「あなたの感情が・・・・、劇的に高まった瞬間・・・・、ヘックス粒子を熱源体に変え、・・・光線化します。」

近付く白銀の鎧を纏う天使たち。

背後で、無表情の大天使が呟く。

大天使サーべ
「ネル・・・。この世界は、もう終わりだ。・・・

うつ向き加減で、瞳をぎゅっと閉じながら、首を横に降るネル

ネル「ちがう。」

サーべ「悪魔の力をてに入れた天上界(おれら)は、

もう、地上を支配しだしてんだぞ。」

ネル「こんなのは、平和なんかじゃないっ!」

サーべ「悪魔の力を操る天使が増えたら、ぜってー勝てないぞ‼」

警官隊の前に、盾をもった機動隊が並び、ジリジリと、ネル達を囲むように追い詰めていく。

サーべ「ネル。これ以上、不協和音を起こすんじゃない‼」

(不定期だけどつづく)