空想携帯小説家(20120708)'s blog

空想携帯小説家(山本 繁一)の作品を公開しています。

④ここは地獄の3丁目 志田愛佳(欅坂46)✖ 空想携帯小説家 イメージ小説

窓ガラスの割れる音と、けたたましい、天使の叫び声に、目を覚ます渡辺梨加

渡辺梨加「(あ、ぺーちゃんいない・・・・)あのぅ・・・けーさつに、通報しても良いですかぁ?」

円陣を組むように、梨加が取り出したスマホに、ベリサ、志田、ゴージャスの左手が、一斉に瞬時に差し伸べられて・・・・

ベリサ、志田、ゴージャス
「ちょっとまてっ‼」

テンションダダ下がりながらも、変なことに関心を寄せる、渡辺梨加

渡辺梨加「わ、すごーいっ‼息ぴったりぃ~っ(笑)」

宇宙海賊ゴージャス
「な、なんか・・・やりずらいっ‼(笑)」

ベリサは、志田の格好を見て一言。

ベリサ「あんた(志田)さぁ・・・猫のかっこうして、どっか営業すんの?(笑)」

志田「えぇっ?今更ぁ~っ(笑)」

しくしく泣き出す渡辺梨加

渡辺梨加「ぺーちゃん・・・」

志田「あ、あのさ、・・・私が、あの・・・(これには訳が・・・・)」

ゴージャスやベリサはキョトン顔

ベリサ「ねぇねぇ、志田さぁ?、あんた地獄界にいってたんでしょ?・・・」

志田「行ってたって言うか、落ちちゃったって言うか、なんかあんま覚えてなーい。・・・そこにいた、地獄の使いっつー、土田さんと知り合いになって・・・」

話に割り込むゴージャス

宇宙海賊ゴージャス
「そーこでっ、私のでばんだーっ!」

舌打ちするベリサ。