空想携帯小説家(20120708)'s blog

空想携帯小説家(山本 繁一)の作品を公開しています。

⑤ここにも、天使は居る。#image原案:NMB48

第5話

だあほっ‼


女性編集長「ごめんなさいね?、ここ・・・お見合い紹介所じゃないの。」


思わず、恥ずかしそうにうつ向くさや姉。


関西天使・さや姉(image山本彩fromNMB48)
「そ、そやね(笑)・・・(あかん。、うちとしたことが、思わず口滑らせて、"あたし天使ですぅ"・・・て、言いそうやった。)」


さっきの、天使とのやり取りが、無かったかように、本来の話をする男。

死にかけた男
「あ、それより、私の作品を見て頂きたくて(笑)」

さや姉「そ、それよりぃ?(なんか薄情や、このおっさん)・・・」(小声)

死にかけた男は、ガラホを編集長に見せたが・・・

突然、気色悪い笑い声をあげ、男を罵倒し始めた。

女性編集長
「うぅわ、気持ち悪い。(笑)・・・

あなたいきなり、皮脂まみれのケータイを、
独身女性に渡すなんて、

これって、作品を読む前の話でしょ?・・・常識。

・・・おまけに、あなた、年齢は?

今時、原稿用紙に作品を落とせない小説家なんて、

小説家ですって、
名乗るだけ恥ずかしくないの?(笑)」

ケチョンケチョンに罵倒され、完全に戦意を無くした男。


死にかけた男
「あ、はい。・・・・すみませんでした。」

罵倒しまくる女に我慢できず、その場を立ち去ろうとする男。

さや姉「ちょっ、ちょっとまちぃやっ‼おっさん‼」

死にかけた男「あ、いいんですっ、せ、世間知らずな私が悪いんですからっ!」

さや姉「待てって!逃げんなや!おっさん‼」

天使の制止を振りきり、転がるように、妖しい雑誌編集の会社を後にする男

さや姉「あかん、あいつまたやる‼」

男の後を追う前に、
罵倒した女に、静かにもの申す、天使(さや姉)


さや姉
「あんたなぁ、ちゃんとした大人やろ?・・・もうちょい、言い方・・・考えろや。・・・人間やったら・・・なっ?」

さや姉を威嚇するため、
ガタッと勢いよく立ち上がる、背が高い男二人。

さや姉は、両手を腰に回し、上半身を四十五度ぐらいに、前に倒したまま、上目で男達を睨み付ける。

さや姉「なんや?やんのか?・・・ばーけーもんっ‼(笑#) 」

不適な笑いで、さや姉を挑発する女性編集長。

女性編集長・朝宮霧子(imageブルゾンちえみ)
「こんな事してる間に、彼・・・・ふふっ。(笑) 」

舌打ちして、立ち去ろうとした、さや姉に一言を仄めかす。

朝宮霧子「貴女・・・、ケセランパサランって、知ってる?」

関西天使・さや姉
「はぁ?・・・なんやケセランパサランって?(笑)」

朝宮霧子「やっぱり、このままじゃ、済まさないわ。(笑)・・・」

さや姉「好きにさらせ(笑)」

背中を向け、死にかけた男を探しに行こうとした瞬間、攻撃しようとした、背の高い男たちを止めた朝宮霧子。


朝宮霧子「あの子。・・・天使ね?(笑)」

ビルの屋上を、つぎつぎ飛び移り、死にかけた男を捜す天使。

さや姉「どこや?・・・おっさん?・・・・どこ行ったんや・・・・・」

赤信号になった、
スクランブル交差点に飛び出す、
死にかけた男を、

間一髪で引き戻して、
勢いで仰向けに倒れた上に股がり、

死にかけた男に、往復ビンタをする さや姉。

さや姉「だあほっ‼・・・だあほ!・・・死ぬなら、人の見えんとこで死ね‼・・・誰にも気付かれんとこで死ねぇっ‼(TДT) 」

(つづく)