空想携帯小説家(20120708)'s blog9875321

空想携帯小説家(山本 繁一)の作品を公開しています。

⑦ここにも、天使は居る。#image原案:NMB48

あかんねんて‼


#Re:Incanation

曇り空、

すこし雨が降る
アスファルト

横たわる
さや姉・・・

関西天使・さや姉
「どこや・・・ここ・・・。」

姿なき界王(image大和田伸也)「ようこそ、転生への入り口、冥界へ。」

さや姉「冥界?・・・うち、死んだんか?」

姿なき界王
「・・・寿命つきし肉体から、離れた魂が流れ着く場所 。

・・・喩え、得体知れない存在でも、魂があればたどり着く。

そして君は、新たな身体(うつわ)を手にする。

生前の、功罪の数を照らし合わせながら・・・・」

拒絶の意思か?、首を横に降る さや姉。

さや姉「これって、死後裁判やないか!・・・うちは今、裁判やってる暇ないねんっ!・・・界王!」

姿なき界王
「・・・・・(深いため息)」

界王の姿を探すように、

ゆっくり回りながら叫ぶ、

さや姉。

さや姉「なぁ界王、きいてや!・・・うち、地上にやり残したことあんねん。」

姿なき界王
「・・・・もう、あなたの身体(からだ)は滅している。」

さや姉「うそや!・・・藤村のじいさんから、天使は滅不滅やと、聞いとん・・・。」

暫く沈黙した後、語り出す界王。

姿なき界王
「実は、あなたは、
以前、人間だったんです。」

さや姉
「んなのどーでも、ええねん。」

フとした瞬間に、頭痛と同時に記憶の画像が、フラッシュバックする。

薄暗いライブハウス

手元にスポットライトが当たると、

視界に、アコースティックギターが映る・・・・

頭痛を降りきるかのごとく首を横に降る天使

さや姉「うそや!」

また、記憶のフラッシュバック

日差しが明るい病室のなか、酸素マスクをつけている女性。

さや姉「(め、眼が開かへん・・・なんで?)」

生命維持装置がけたたましい、アラート(警報)を起こし、

医者や看護士達がなだれ込んで入ってきた。

さや姉「(なんや?・・・なんか騒がしな・・・・)」

医者や看護士達が慌てて、何やら横たわる女性に処置を施すが・・・・

さや姉は、また首を横に降り・・・・

さや姉「うそや!こんなん・・・信じられへん。」

姿なき界王
「過去は見ないんですか?・・・貴方の今になる因なんですけどね・・・・」

さや姉
「は?・・・
今さら過去なんか見て、
なんになんねん?・・・・

大事なのは今や❗・・・

今が未来につながっとんねん!

ジャストなうや‼」

さや姉の覇気に押される姿なき界王。

姿なき界王
「はははっ・・・・(こりゃまいったな?)」

土下座をする天使。

さや姉
「たのむ!うちを地上に帰してくれ‼・・・

こんなことは、
界王に無礼千万なのは、よー知っとるっ!・・・

な、如何なる処罰は、
帰ったら受けるから・・・・

なあっ!」

姿なき界王は静かに天使に答えた。

姿なき界王
「では貴女に、宿題をあげましょうか?」

さや姉
「え?・・・地上に行けんの?(笑)( ̄▽ ̄)✨」

姿なき界王
「ただ、・・・人間に告白しない。・・・それだけです。」

さや姉「なんや?そんなんなら、ちょろいもんや(笑)( ̄▽ ̄) 」

姿なき界王
「なら、いいんですがね・・・

未練は、
執着を産み、

憎しみと悲しみを、
増幅させる事を、忘れてはいけませんよ。」

さや姉
「うちは天使やから(笑)( ̄▽ ̄) 」

天使の背後に眩しい光が差し込む。

その先には、何かが置かれている。

さや姉「・・・刀?」

姿なき界王
「銘刀と言われた、日本刀、虎鉄を貸しましょう。」

さや姉「え?、こんなんエエの?(笑)」

姿なき界王
「ただ、この虎鉄は・・・呪われた刀で・・・・」

刀を掴む天使の目の前に、

霧が晴れ、
地上につづく道が広がる。

さや姉「ほな、行ってくるわ‼(笑)( ̄▽ ̄)」

姿なき界王
「大丈夫かなぁ?・・・」


(つづく)