空想携帯小説家(20120708)'s blog9875321

空想携帯小説家(山本 繁一)の作品を公開しています。

「反転の月」~通り魔狩り・ある創価学会員の詩~

第一話 【逸脱】

20××/ 12 /23 / 23:30 小田急線 某駅

五人掛けの椅子の真ん中で、い眠る背広姿の男。

その右となりに、
こっそり座る、
二十代から三十代ぐらいの、身なりが少々薄汚い女 。

終電近い、
北風が吹く野外のプラットホームは、
ほろ酔いの人々が、電車待ちをしていた。

隣に座った薄汚い女は、
カップルを装い、

寄り掛かる振りをして、
背広の、左内ポケットに長ざいふに手を延ばすが・・・

東 辰彦
「タチの悪りぃ、野良猫だなっ‼」

東は、
女の後ろ髪を左手で鷲掴み、

引き剥がすように前方に女を引き倒した。

女の叫び声と同時に、
他人に無関心だった人々が、芝居がかったように、騒ぎだす。

薄汚い女
「た、助けてっ‼・・と、通り魔、とおりまあっ‼」

近づく東の、滲み出る狂気を察したのか、急に立ち上がる薄汚い女。

東 辰彦
「女の髪をさわるのは、嫌いじゃないが・・・」

走り出そうとする女の、うしろ襟首を握りつかみ、引き倒す。


「今、やったろ?・・・」

女を倒した時に、赤青黄の縱ストライプの入った手帳が落ちていた事に気付く東。

薄汚い女
「私は、私は何もしてないっ‼・・・」

東は懐から、女の指先の指紋がついた長ざいふを、取り出した自分のハンカチで、摘まみながら持ち上げる。


「息を吐く毎に嘘をつく女は・・・、ババアになって孤独死が定番だな?。あ?・・・これをだして、指紋から個人番号が出れば、あんた・・・・有罪。(笑)」

駅員達が近づき、ここぞとばかりに、
ヒステリックにわめき散らす。

薄汚い女「私は、先生の弟子だかぁっ!絶対守られるのぉっ!」

3色のストライプ手帳を拾う
東。

東 辰彦
「へぇ・・・学会の今月は、財務で、1地区の目標金額は・・・、ほぉ、1000万かぁ~(笑)」

駅に駆けつけた、鉄道警察官、駅員達に連行される東辰彦


東「お前ら、不法逮捕だな(笑)( ̄▽ ̄)」

呟くように、小声で仄めかす、男達。

駅の個室に連れ込まれる東。

駅員①「あんたさぁ、立場、わきまえなよ。」

駅員②「辞めたんだろ?」

駅員の明らかな仄めかしにほくそえむ東。

東 「ふふっ、ガッカイか?コイツら(笑)( ̄▽ ̄)」

警察官
「池田先生が、この日本にコーセンルフをしようとしてる矢先、

あんたはなんで、脱会したんだ?」

東「何故だと?・・・家族を奪われ、殺されたんだ‼・・・復讐するのが当たり前だろ?」

警察官②
「まさか、池田先生を・・・・」

東「さぁ、どうだかな?(笑)( ̄▽ ̄)」

複数人で、パイプ椅子に腰掛けた東を押さえ付け、

一人の警官が、
気が狂ったように、東をビンタし続ける。

警察官
「いいか?・・・
お前には、黙秘権がある。

今の俺らには、
お前の生き死には、
しったこっちゃねーが、

創価学会をバかにするやつ

会員(俺ら)を、

なめ腐るやつは、

どうなるか、

教えてやる!

仏様の俺らが、

先生の御慈悲の代わりに、

お前に、

仏罰を、

下してやる!

ニヤニヤしながらも、
打たれ続ける東。

駅員「こいつ・・・死ぬのが、怖くないのか?」

殴り疲れきって、よろつき、仲間に交代を求めた警察官の顔面に、

東は、血が混ざった唾を警官の顔に吐きつけ、


部屋のドアノブ側に、
思いきり東は自分の体を、瞬時に捻らせ、拘束を振りほどき




東に覆い被さるように、倒れかけた警察官の頭を、

まるで、サッカーボールを蹴りつけるように、
右足でドアに打ち付けた。