空想携帯小説家(20120708)'s blog9875321

空想携帯小説家(山本 繁一)の作品を公開しています。

#4天使セシル

ある朝のできごと

ぼくが、おじさんのところに
転がり込んで、数ヵ月がたった。

ほんとは、もっと前からだけど・・・

今は、そんなことはどうでもいい・・・

せまい折りたたみベットのなか、
お互いの身体を寄せあって、

朝が来るのを待ってる。・・・

ぼくは、そんな日々が大好きだ・・・。

おじさんは、ぼくよりはるかに年上だけど、

威張らないし、強要もしない・・・。

時には強く、肩を引き寄せて欲しいけど、

おじさんの優しさの1つだと、
ぼくは、信じてるから、

ぼくも、無理は言わないよ。

大好きだから・・・

離したくないから・・・

ずっと・・・

ずっと・・・

このままでいたい・・・・

このまま、朝なんかこなけりゃ
良いのに・・・

ああ、おじさんのいびきが聞こえる。

うるさいときも、たまにお酒臭いときもあるけど、

こんな凍てつく夜は、
人肌がいとおしい・・・

ぼくは、ちっぽけな天使だけど・・・。

#4 すてられたもの

ある朝、本多信雄と、天使セシルは、狭い折りたたみベットの中に居た。

まだ、陽が上らないうちに、目を覚ました、もう一人の天使。

天使メル(image岡田結実
「ふぁぁぁ~\( ̄0 ̄)/・・・さみくて目を覚ましちゃったよぉ~」

ジャージとロングTシャツの組み合わせのメルは、

あくびをしながら、
右手でお腹をかき、キッチンに出てきた。

メル「(さいきん、てち子ちゃん、一緒に寝て)・・・おっ!。」

そっと、
本多の部屋のふすまを開けると、
今にもベットから落ちそうなくらい、
大の字に寝てる、本多の右脇に、
子猫のように、身体を丸めて眠る、てち子こと、セシルが居た。

メル「(あ、そーきたか。なーる。)(笑)( ̄▽ ̄)」