空想携帯小説家ht2355(20120708)'s blog

空想携帯小説家(山本 繁一)の作品を公開しています。

短編集📻恋にならない恋

「コンビニにて。」

主人公  / 男子高校生

ヒロイン / コンビニ店員

 

ストーリー

いつも通うコンビニ、小学生の時には、無かったけれど、いつの間にか出来ていたコンビニ。

 

そこには、一人っ子の僕には、とーてー、釣り合わない、素敵なお姉さんがいた。

(自動ドア側、出入口が見える棚を整理する店員)

 

コンビニ店員「あ、来た。(笑)」

 

高校生「(^_^;) いっ、いらっしゃいませでしょ?そこは。(笑)」

 

コンビニ店員「相変わらず若いのに、小姑ねっ❤️(笑)、で、今日は何?、万引きっ?(笑)」

 

(コンビニの前ポケットから、スマホを取り出し、通報する素振りをする店員。その時一緒に何かが落ちた。)

 

高校生「すーるーかっ!(笑)」

 

僕は、年下にもかかわらず、いつも、フランクに接してくれた彼女に、・・・・恋してた。

 

高校生「あ、あの・・・」

 

コンビニ店員「ん、なに?、もうじき休憩さんと、交代しないと行けないから、手短にねぇっ🎵」

(鞄からラブレターを取り出し、渡そうとして、その足元の写真を拾い上げた。)

 

高校生「えっ・・・・」

 

コンビニ店員「あ、ごめん。見せびらかすつもりがなかったんだけど・・・やっとこさ両想いになって、結婚するのっ❤️。(笑)」

 

彼女の溢れ出すキラキラ感に、

僕は何事もなかったふりをして・・・・

 

高校生「あ、なんだ。早くいってくださいよぉ~、お姉さん、トリッキーすぎっ!(笑)」

 

ラブレターを握りしめ、スマホが、バイブレーションで、鳴ったふりをして、コンビニを後にした。

 

コンビニ店員「なんだ、変な子?(笑)」

 

僕は、公園のゴミ箱に、ラブレターを投げ捨て、その日から、そのコンビニを避けるように学校に通った。

 

数日後、母から聞いた話で、彼女は、コンビニで、一緒に働いた彼と結婚して、遠くの街に引っ越して行ったそうだ。

 

(終わり)