空想携帯小説家ht2355(20120708)'s blog

空想携帯小説家(山本 繁一)の作品を公開しています。

誰かの来世の夢でもいい(歌詞イメージ小説)

安斉かれん(avex) × 空想携帯小説家

前編 star gazer

(ストーリー)

西暦2100年、我が国の人口数は、ついに五千万人を切る、事態を招いてしまった。

様々な要因が有るなか、極まったのが異性不信による、同性婚の増加、違法食品添加物による、無精子病の蔓延、人員不足改善もままならないまま、度重なる原子力発電所の爆発事故等があった。

また、この年から、地球に彗星が落ちる事件が多発、原因捜索も、予防策も、暗中模索のなか、日本の小中都市が、壊滅した。

 

西暦2110年、政府は、慢性化した財政難に収集を着けず、

主要都市に対衛星ネット「star gazer system」開発と引き換えに、県廃州治制度法案を提出。

新興宗教団体、経済界、野党等の猛反対を押し返し、ついに、県廃州治(自治政府)制度を敷く。

 

西暦2115年

中央政府の首都、シブヤ・メトロポリス

シブヤタワーの上空、波紋の形をした、stargazerを掠めるように、今日も彗星が落ちて行く。

 

それを見つめる女性の瞳から、静かに涙が流れる。

 

calen(image安斉かれん)

「・・・・・」

 

ホログラフィーフォンが、着信を知らせている。〉

calen「はい。」

 

時空監理官(imageノブfrom千鳥)

stargazer間を、移動する乗り物を完成させた。」

 

calen「いま、そちらに向かいます。」

 

時空監理官

「これで、万事上手く行きますかね?」

 

時空監理局所長(image 大悟from千鳥)

「あぁ、テストパイロットとして、相応しい、冷静さを、かね揃えているのは、住民台帳からも、事前調査済みだ。・・・過去を書き換える為の先駆者は、何よりも先ずは、冷静な判断力だ。」

 

時空監理官

「そういって、いままでのパイロット達は、我々の世界に、誰一人帰れなかったんですよ。」

 

局長「当たり前だ。過去の方が、放射能まみれで、生きることはないからな。」

 

監理官「もし、時空移動装置だと、バレたらどうします。」

局長「その時は・・・・」

 

〈開発倉庫の自動ドアが開く〉

calen「あのぅ。」

監理官「やぁ、よくきたね。(笑)stargazer移動用自動車、用意したよ。これで滞っていた、物流の流れが確実に再開出来る。」

 

calen「テストパイロットとして、stargazer間を移動すればいいんですよね?」

監理官「そうだ。この車の実証実験を、してくれればいい。無事にシブヤに帰ってきたら、報酬を渡そう。」

 

〈大型だが、スタイリッシュな、赤いスポーツカーに乗り込む、calen〉

 

calen「エンジンキーが、ない。」

監理官「ははっ。ハンドルの右上に、昔のクイズ番組に出そうな、赤いボタンがあるだろ?」

calen「はい。」

監理官「そのボタンに、君の手のひらを添えて見るんだ、ソッと静かに、君のいきたい場所を念じながら。」